第二回 野口体操の会 “早蕨塾”

講演者:藤田一照氏(曹洞宗僧侶)
演題:野口体操から座禅へ

2017.113.
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟2階 和室-2


内容説明

僕は、坐禅を始める前の約五年間、下落合で開かれていた野口体操教室で、野口三千三先生の薫陶を受けた。当時、僕は子どもの発達の研究をする大学院生だったが、野口先生の教えは僕に測り知れない影響を与えた。坐禅という東洋の行にたまたま出会って、それを自分の生きる道と決めたのも、野口体操の経験があったからだと思っている。野口体操の影響は、現在の自分の坐禅の理解や行い方、指導法に色濃く反映している。野口体操から始まった、「人間とは何か」という探究が、どのような形で僕を坐禅へと誘ったのか?坐禅を野口体操的に見たら、どのようなことが言えるのか?そういったことを話してみたい。
(講師記)

講師プロフィール

藤田一照
1954年愛媛県生まれ。東京大学大学院生時代に座禅に傾倒。82年禅道場入山。87年渡米し、17年半の座禅指導を経て2005年帰国。神奈川県葉山の茅山荘を拠点に座禅の研究、指導に当たる。




↓ アイスブレイク(つながりのワーク)では、参加者が”如意棒で”繋がり会う。




↓ 立位での背骨揺らし          


↓ 能動態 受動態 中動態 間(まはひ)


↓ ペアで触れ合う。Outside-in, Inside-out


↓ 座禅。 調身、調息、調心…



↓ 藤田一照氏を囲んで