第4回 野口体操の会 “早蕨塾”

講演者:龍村 修氏(体奏家)
演題:ヨーガの呼吸法

2018.10.14 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟2階 和室-2


内容説明
龍村さんのヨガの師匠沖正弘師は昭和35,6年頃、鶯谷でヨガの講習会を開かれたときに、野口先生が参加された。そのとき、ヨガの呼吸法に感銘を受けたことがヨガとの出会いだったと伺っている。また、修さんとは「野口体操と沖ヨガ」と題して、朝日カルチャーで公開講座を、羽鳥とともに開講してくださったご縁がある。
そうした意味からも、野口体操とは縁が深い。当日は、ヨガの呼吸法をベ-スに龍村式呼吸力開発法を実習したのち、二人一組になって、体感的な呼吸の出し入れを相互に学ばせていただいた。
笑いの絶えない当意即妙な指導によって呼吸がさらに深まり、掛け声のかけ方や号令の仕方など、在りし日の野口先生に重なって、参加者の皆さんにはデジャヴな時間を堪能していただいた。
お話では、マシンなどによる筋力トレーニングへの偏りに警鐘を鳴らし、真の体幹力を養うために呼吸を通じて心身をコントロールする重要性を説かれ、「ヨガと野口体操」について、私たちは得難い機会に恵まれました。

講師プロフィール
龍村ヨガ研究所 所長
NPO法人沖ヨガ協会 理事長
NPO法人日本YOGA連盟 副理事長
国際総合生活ヨガ研修会 主宰
1948 年兵庫県生。早稲田大学文学部卒。
学生時代の演劇活動の中でヨガに出会い、73 年求道ヨガの世界的権威、沖正弘導師の内弟子になる。
以後、導師に同行し世界10数ヵ国以上でヨガ指導経験を持つ。
1985年導師没後、沖ヨガ修道場長を経て1994年独立。龍村ヨガ研究所開設。

撮影:佐治嘉隆